葉酸サプリ 失敗しない 選び方

葉酸サプリ 失敗しない 選び方

出産予定日が近づくにつれて出産の恐怖で怯える毎日を過ごしていました。
ネットで出産体験談を見ると鼻からスイカどころの騒ぎでは済まされないような例えがズラズラ書かれていて益々怯える日々…。
痛みに弱い私は、出産の痛みで死ぬかもしれないと本気で思っていました。

 

予定日3日前の深夜1時にトイレで目が覚めると出血していて「ついにおしるしが来てしまった」とハラハラして眠れないまま深夜3時になり、定期的に腰が痛くなるようになりました。ケータイのメモに痛みの間隔を記録していると5分間隔。痛いと言っても腰がダルイといった感じです。一度病院に電話すると「痛みがひどくなったらまた電話ください」と言われそのまま待機。しばらく痛みも間隔も変わらず朝6時を過ぎたころに痛みが少し強くなってきたけどまだまだ「ちょっと痛い」程度でした。それから一時間後には陣痛中は「いててて…」と座り込む感じ。病院に電話するほどでは無かったのですが痛みが3分間隔になっていたので一応病院に電話。「痛みは全然耐えられるんですけど…」と状況を話すと「すぐに来てください」と言われて、病院につき子宮口を見ると4㎝開いているそうでそのまま入院。ベッドに寝かされてお腹に装置を着けられ、1時間もしないうちに本格的な痛みに。声が出るぐらいの痛みになり、分娩室の手前の部屋に移動すると破水。破水後は明らかに今までの陣痛とは違う感じで今にも産まれそうで、痛いというよりも辛い…。「産まれそうなんですけど」と言うと、助産師さんの「10㎝開いたら産めるからね、今7㎝開いてたらいい方かな」と言う言葉を聞いて、こんな辛いのをまだ我慢しなきゃならないのか、と絶望的になったことを覚えています。開きを見ると「あれすごい、もう10センチ。いこう」と。分娩室入って2回ふんばったらポンっと出てきました。時間にして5分かかってません。入院してから1時間半ほどでした。助産師さんに「こんなにスムーズな出産、なかなか無いよ、本当に初産だよね?」と2回も確認されました。自分でも驚きです。現在2人目妊娠中ですが、今回も安産であることを祈るばかりです。